がん細胞事典、米英で作成中 患者の抗がん

この抗がん剤は、この患者のこのがんに効くのか」を予測することは難しいが、がん細胞の性質を詳しく調べてデータベース化すると、患者ごとに効果が期待できる抗がん剤選びに役立つ可能性がある. そんな狙いの「がん細胞百科事典」の編集が始まり、29日付英科学誌ネイチャーに詳細が発表された. 編集は、米ブロード研究所や英サンガー研究所などの二つの研究チームがそれぞれ別途、進めている. 両チームで合計1500種類以上の培養がん細胞を分析. 未承認のものも含む合計150種類以上の抗がん剤を作用させ、細胞の増殖が抑えられるかどうかや遺伝子の働きがどう変わるかなども分析し、登録している. 抗がん剤の効果は少数の遺伝子の働きだけでは説明できないことが多いが、「百科事典」は、大量の遺伝子を網羅的に分析しており、より正確に予測できる可能性がある. Xbox LIVE Summer of ルブタン パンプス 実際、小児がんの一種では、遺伝子の特別な変異があると、予想外の薬が増殖を抑えることが、今回わかった.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>