イルカのキャメルクモンスター ヘッドフォンラッチ

以前 、シャチに方言があるとか、群れによってエサの好みがあるとか、そんな話をご紹介しました. どうやら彼らがまたまたやってくれたようです. レシピに従ってイカをさばくイルカ (ナショナルジオグラフィック) イルカはイカをそのまま食べたりはしない. 捕食する際のユニークなレシピがある. まず内部の甲骨をはぎ取り、次に墨を出してからかぶりつく. イルカをパンダ模様にしたのがシャチなので(乱暴) 、似たようなものと勝手に認定してしまいますが、エサの好みどころかエサの食べ方まで確立されてるとか. リンク先では 「調理」 と表現されていますが、 メスのイルカは甲イカを海底まで追い詰めると、鼻先でイカを固定してから下方へ強く押し込んで甲骨を割りとどめを刺す. 次に、死んだイカを持ち上げ、鼻先でたたいて墨を排出させる. 墨を抜かれたイカはまた海底に戻され、砂に擦りつけられて甲骨がはぎ取られたのである. これ、イカにしてみたら だよなあ・・・ ——– なんにしても、これほどの高度な作業が独立に一代で編み出されたわけではなく、 研究チームは、このような調理技術がイルカの集団に普及していることを示す行動を オーストラリア の湾の水面で確認している. 例えば、イルカの群れが通り過ぎた後に無傷のきれいな甲骨がいくつも海面に浮かんでいたのである. やはり文化的なもののようですね. 今回はかなりダイジェストでご紹介したので、全文をご覧になりたい方は上のリンク先をどうぞ. ——– それにしても、一部には 「イルカはジンルイよりカシコイ! 」 などとおっしゃるアレなもとい夢見がちな方々もいらっしゃるようですが、 それは言いすぎにしても、 やっぱりイルカはカシコかった.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>