南スーダンは「内戦」 国連幹部が明言、中

国連のシモノビッチ事務次長補(人権担当)は20日、大統領支持派と反乱軍が武力衝突を続ける南スーダンの現状は「内戦とみなすことができる」と語り、内戦状態だという認識を初めて示した. シモノビッチ氏はこの日記者会見を開き、14日から17日まで現地視察した結果を報告. 朝日新聞が「南スーダンの状況は内戦(civil war)といえるか」と質問したところ、法的観点からは「内部武力紛争(internal armed conflict)」という言葉を使うとしたうえで、南スーダンの状況は事実上の内戦にあたると明言した. そのうえで、締約国内で武力紛争が発生した場合に、戦闘に参加しない人々に対する暴行や殺害、虐待、拷問などの禁止を定めたジュネーブ条約の共通3条が適用されるべきだと説明した. 南スーダンではキール大統領支持のディンカ族とマシャル前副大統領支持のヌエル族との戦闘で多数の死傷者が出ており、国連関連施設では約6万7千人の市民を保護. AKB1/153 恋愛総選挙』プロモーシ アフガンのケシ栽培、過アディダス激安去最高記録 生産量 blocterhoko シモノビッチ氏は数週間以内に人道状況についての詳細な報告書を作り、安全保障理事会に対応を要望するとしている. また、シモノビッチ氏はイスラム教系とキリスト教系の宗教対立の激化で住民虐殺などが相次ぐ中央アフリカも内戦だと指摘した. (ニューヨーク=春日芳晃).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>