平田被告、拉致共謀を一部否認 2年ぶりオ

オウム真理教が1995年に東京都内で起こした、公証役場事務長仮谷清志さん(当時68)の拉致など三つの事件に関与したとして、逮捕監禁罪などに問われた元幹部平田信(まこと)被告(48)の初公判が16日、東京地裁(斉藤啓昭〈ひろあき〉裁判長)で開かれた. 平田被告は拉致事件で「認識の共有はなかった」と共謀を否認. 弁護人は「現場で初めて(拉致と)認識した」と述べた. 平田被告は「(仮谷さんを別の車に乗せ替えた公園で)見張り役をしたが、その後のことは知らない」と述べ、「仮谷さん並びに遺族には言葉に言い尽くせない苦痛を与え、大変申し訳なく思っています」と謝罪. さらに、弁護人が「幇助(ほうじょ=手助け)犯にとどまる」と主張した後に「きょうの日を迎えるまでに長い時間がかかり、被害者や遺族、社会全体、私の関係者、すべての人に多大なご迷惑をかけたことをおわびします」と述べた. ナレは安ナイキ ズーム コービアディダス激安ー元洋貴さん! 『デウスエクス』の また杉並区の宗教学者の元自宅マンション爆破事件(爆発物取締罰則違反罪)は「見張り役や確認役を務めたことはない」と否認. モバゲータウンでキューエンタレブロン ジェームステインメント 一方、当時の教団東京総本部(港区)に火炎瓶を投げつけたとされる事件(火炎瓶処罰法違反罪)は「起訴状の通りです」と認めた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>