復讐者に憐みを』復モンスター ヘッドホン ケーブル讐

復讐三部作の衝撃の第1作目、『オールド・ボーイ』の原点と聞いてから見てみましたが、これが救われない映画でしたね. 映画自体が悪いのではなく物語りが救われないのです. 復讐が復讐を呼ぶ負の連鎖にかなり気分悪くなったことを覚えていますが、ミニシアターの隠れた秘作とも言うべき独特のよさのある映画だとも思いましたね. この映画の救われない世界観. それはまず先天的聴覚障害を持つ少年リュウと同居している重病の姉という設定です. 姉が薬が欲しくてもがき苦しんでいる時にその叫び声が聞こえない弟は楽しそうに食事をしているシーンがある時点で「この監督のセンスを疑うわ! 」と思ってしまいました. 同じく聴覚障害を持つ男を主人公とした『レイン』でもそんなシーンはありませんでしたもん! ほんとにあのシーンは気分が悪くなる、でも凄く印象的なシーンでしたね. そして他にも肝臓の闇取引で騙されたリュウが行う復讐や自分を解雇した会社社長の娘の誘拐するもその娘を事故死させてしまうことで始まる社長の復讐など、どれも救われない世界が連鎖するのが見ていてとても辛いです. ルブタン 店舗 日本でも高度経済成長の影で多くの悲しい事件が起こっていたように、韓国でも同じような悲しい事件が起こっていたのでしょうね. この映画を見ていると弱者を痛めつけることで経済成長が保たれていたような感じがしましたよ. いつの時代も復讐が復讐を呼び、不幸が不幸を招く. 血は血で洗われ、憎しみは憎しみをより成長させる. 負の連鎖は一度始まると関係者を全て不幸に陥れるまで終らない、そんな恐ろしく悲しい世界観を十二分に味わえる映画だと思いました. 『オールド・ボーイ』でもそうでしたが、こんな映画を撮れる監督はやはりパク・チャヌク監督以外にはいない! そういう思える奇作と言える映画だと感じた作品でしたよ. 深夜らじお@の映画館 は復讐三部作が大好きな映画ファンです.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>