遠いモンスター ヘッドフォン空の向こうに』

大空への憧れをずっと持ち続けているジョー・ジョンストン監督が描いた凄く地味ですけど、凄く心から感動できる実話です. 炭鉱とロケット開発という対比を効かせたお話で、しかも父親と息子を基軸としているので『リトル・ダンサー』と似ているところは多々ありますが、それでもこの映画に関しては特に男性の方にはオススメの、男泣きできる映画です. 1957年に旧ソ連が打ち上げに成功した人類初の人工衛星スプートニクは当時の子供向けアニメにまで影響を与えるほどの衝撃だったらしいですね. そんな夜空に浮かぶスプートニクをアメリカの寂れた炭鉱町で見上げていた青年ホーマーは級友3人と自らの手で本格的なロケット作りに没頭するも、頑固一徹な父親はその行動を理解してくれないということに似た経験は男性なら誰もがあるはず. 特に団塊世代を父親に持つ男性なら、その父親の堅物ぶりに怒りを覚え喧嘩の一つや二つも経験されたのではないでしょうか. でも失敗続きでも、周囲からなかなか理解が得れなくても、夢を諦めずに挑戦し続ける者には必ず応援してくれる人が現れてくれるんですよね. この映画でも重い病を抱えながらもずっと温かく見守ってくれたローラ・ダーン演じるライリー先生が凄くよかったです. 最後は病院のベッドから打ち上げられるロケットを見るという設定でしたが、あれもまた少し切ないけど、先生の未来を生徒に託す優しさが見れて素敵でした. そしてそのロケットを打ち上げるシーン. 今まで応援してくれた人たちの前で、そして一番理解してほしかった父親の前で成功させるロケットの打ち上げは、本当に涙うるうるでしたよ. 父親というのは息子からすると男としての先輩でもあり、これまでずっとその背中を見て育ってきた存在. そしていつかはその背中を越えていかなければならない寂しさがある一方で、その父親に理解してもらえることがどれだけ嬉しいか. これは男性なら誰しもが理解していただけることではないでしょうか. ラグナロクオンライン Mobilナイキフリー 激安 店舗e St toeparcurdse 元々このお話は、のちにNASAのロケットエンジニアになったホーマー・ヒュッカムさんの自伝「ROCKET BOYS」を基にしているのですが、みなさん気付きましたか? な、なんとこのタイトルの綴りの順番を入れ替えると、この映画の原題「OCTOBER SKY」になるということを! これもまた何とも言えない感動ですね. あぁ~もう涙うるうるですよ~. 深夜らじお@の映画館 はいつまで経っても夢見る人間です.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>