11月戦線映画あり!

お正月映画の足音がそろそろ聞こえだす11月. 秋映画も終盤に差し掛かってきたことで、今年の10本の選考も踏まえて注目作や興味のある作品は見逃せない時期. またシネ・リーブル会員にとっては今年の末日で期限が切れる旧ポイントカードのポイントを巧く使い切るように具体的に計算しなければならない時期でもあるんですよね. てな訳でそんな11月の注目作をピックアップです. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版: Q』 前作 の衝撃から3年. 序破急の「急」を「Q」に代えた意味も含め、いったいどんな衝撃が待っているのか. そして議論を呼ばない結末は用意されているのか. 私、気になります! 『悪の経典』 現代の日本映画界において園子温監督と双璧をなす三池崇史監督最新作. そして伊藤英明さんが続編製作が完全に消えた『海猿』シリーズとは真逆の悪役を演じている問題作. 私、気になります! 『ねらわれた学園』 こういうタッチのアニメ作品には興味が沸いてしまうんです. 多分私の好みなんでしょう. ですから自然と私、気になります! 『人生の特等席』 何よりも嬉しいのはクリント・イーストウッドが俳優としてスクリーンに戻ってきたこと. そしてこの邦題. となれば映画ファンとしては私、気になります! 『綱引いちゃった! スパイク サッカー 』 新たなるスポコンコメディの誕生か、それとも笑えない感動もできない駄作の誕生か. この微妙なところが…私、気になります! 『ふがいない僕は空を見た』 物語の中身よりも制服女優・田畑智子さんの無制服ぶりが…私、気になります! 『シルク・ドゥ・ソレイユ3D』 ジェームズ・キャメロンが製作に加わっていること、平野センセが高評価をされていることが私、気になります! あと予告編を見ても興味が沸かない『パラノーマル・アクティビティ4』『任侠ヘルパー』『その夜の侍』に関しては気にならないのでパス. 『黄金を抱いて翔べ』は一部でえらい評判が悪いみたいなので様子見しますが、多分気にならないと思うのでこちらもパス. 逆に現在見るかどうかで凄く迷っているのは2本. 映像だけの映画になりそうなんですけど気になります! な『リンカーン/秘密の書』と、犬童一心監督と樋口真嗣監督がタッグを組んだことが色んな意味で気になります! な『のぼうの城』です. この2本に関しては映画通の評価が私、凄く気になります! ちなみに 『北のカナリアたち』 は先日試写会で見せていただきました. 深夜らじお@の映画館 は今年もそろそろお正月映画対策を始めようかと思います. ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 に行こう.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>