Deus Ex(デウスエクス)』最新デモ

2011年6月7日~9日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスにて開催中の世界最大のゲーム見本市E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2011. スクウェア・エニックスのアクションシューティング『 Deus Ex(デウスエクス) 』の最新情報をお届けする. 記者のステルス大失敗 スクウェア・エニックスブースではプレイアブルデモが出展されており、実際に手にとって遊ぶことができた. デモはヘリでの会話シーンから始まり、近距離武器と遠距離武器、殺傷するか非殺傷を心掛けるかを選択するとスタート. ちなみに記者は遠距離武器かつ非殺傷をチョイス. すでにプレイ映像が公開されているステージだったので、記者は目的地への潜入にあたって屋上の通風口からのルートを選んだ. 無事に潜入すると、倉庫内には敵が数名巡回中. サイレントスナイパーライフルを使って片っ端から昏倒させて進むと… た、弾が足りネェ! 弾切れ中の集中砲火にパニックに陥り、情けなくもゲームオーバー. そりゃそうだ、当初はスニーキングで行くつもりだったのに、気にせず撃ちまくってたもんなぁ. 撃ちまくりたければそういう装備を使うべきだし、そうでもなければ周囲をちゃんと探索して、弾を拾い集めなければいけなかったのだ. おさらいしておくと、本作は”コンバット(戦闘)”、”ステルス”、”ソーシャル(会話など)”、”ハッキング”という4つの要素を軸にゲームプレイが構成され、ひとつの目的に対して複数の解法が用意されている. それに気が付くかどうかはプレイヤーの観察眼とアイデア次第というワケ. ミーティングルームで行われたデモでは、本作のリードライターを務めるメアリー・ディマーロ氏の解説で、リードゲームデザイナーのジャンフランソワ・ラディカ氏のプレイを見ることができた. オーグメンテーションで広がる可能性 こちらのデモはブースに出展されているものとは異なり、主人公アダム・ジェンセンを雇っているサリフ・インダストリーのライバル会社、タイヨン・メディカルへの潜入任務となっていた. プレイはいきなり制限区域内に入るところからスタート. 当然警備員に呼び止められるわけだが、ここはワイロでカタをつける. もちろん、殺してしまう、あるいは会話をうまく進めて言いくるめてしまうという手も用意されているとのこと. 無事侵入したら今度はハッキングを使って、メンテナンス用の渡り廊下を移動させ、道を作り出す. 目的に対して、自分ができることとできないこと、してもいいことと避けたいこと(コイツを倒したいが、それをコイツに気付かれたくない、など)を考え、自分のやりやすい最適解を探していくのが基本. そのために助けになるのが、本作に登場する身体機能の拡張技術”オーグメンテーション”だ. 新たなオーグメンテーションの獲得はいつでも行うことができ、スナイパーライフルを構えたが手が震えているシーンで手元の安定性を高めるオーグメンテーションを、アイテムがいっぱいでこれ以上拾えなくなったというシーンでインベントリー拡張のオーグメンテーションをアンロックしていた. もちろん新たなオーグメンテーションの獲得には相応のコストがかかるので、自分の好きなプレイスタイルとアクションに合わせて取っていく必要がある. たとえば、もしステルスをしながら独自のルートを開拓するのを好むならば、高所から飛び降りても大丈夫になる”イカロス・ランディング・システム”を使う機会も多いだろう. デモでははしごのないエレベーターシャフトが隠し通路となっていたが、この機能がなければ降りたところで墜落死して終了である. オーグメンテーションによって、本作のサイバーパンク世界にマッチしたケレン味あふれるアクションをくり出すこともできるようになる. モロくなった壁を強化した腕で破壊すれば、そこが近道に. どのオーグメンテーションを取るかというのも、本作でプレイヤーに与えられた選択のひとつなのだ. ゲームディレクターに海外発売直前インタビュー! ゲームディレクターのジャンフランソワ・デュガ氏にインタビューを行い、E3デモなどを通じてわからなかった部分を聞いた. ――海外での発売が一度遅れましたが、その間に注力した作業は何ですか? デュガ こういう大きなゲームではバグがつきものなので、それを直すのに時間を費やしていました. クオリティーに関わる部分もあります. AIやバランスなども調整して、完璧なゲームを目指しました. 日本では秋に、アメリカでは8月23日に発売します. 3週間のバカンスを取る予定なので、今度こそ本当ですよ(笑). ――デモもプレイしたのですが、弾がなくなってしまって困りました. デュガ 最終的な調整をしますので、実際はもうちょっと弾を見つけられると思います. しかし本作は弾をいくらでも撃つような最近のシューターとは異なりますので、戦略的に戦わなければならないようにデザインしています. プレイヤーには、クリエイティブでユニークな発想で戦ってもらいたいと思います. ――プレイアブルデモでは、ダイアログを選択して最初の装備が決まっていましたね. デュガ そうですね. これはE3用のデモなので、そういう形にしました. 実際のゲームではもっと自分で考えて武器を選択することになります. ――クローズドシアターで見せていただいたデモでは、新聞を入手して読むシーンがありました. あの内容は何かのヒントになっているのでしょうか. そしてこれは日本の話になりますが、新聞の内容はどうローカライズされるのでしょうか? スクウェア・エニックススタッフ 新聞や電子書籍の類はすべて日本語にローカライズ予定です. デュガ (新聞や電子書籍は何かのヒントではなく)ストーリーやバックグラウンドなどをもっと理解したい人の手助けになります. そして、あなたが起こした行動も反映されます. 「ああ、これは自分のことだ! 」と、自分のやったことが報道されているのに気付くことになるわけです. ――オーグメンテーションには身体能力を強化するもののほかに、スキルに近いようなものもありますが、それぞれどれぐらいの数がありますか? デュガ それはいい質問ですが、数えたことがありませんでした… . 全部で50種類以上あって、コンバット、ステルス、ソーシャル、ハッキングの4つの軸を強化するためにひとつひとつ考えていきました. プレイヤーがどう遊びたいかによってオーグメンテーションが選べるようにしてあります. ――ご自身が好きなオーグメンテーションはスキルは何ですか? デュガ プレイスタイルとしてステルスが好きなので、雑音を消すオーグメンテーション、クローキング(光学迷彩)、重たいものを運べるように腕を強化するオーグメンテーション(物をずらして別のルートを作るのに使う)、壁をブチ抜くオーグメンテーションを気に入っています. 武器に関しては小さいものをいくつか持っているのが好きなので、ハンドガンとマシンガン、またはトランキライザーとテーザーを持っているのが好きですね. ――チャレンジマップなどはないのですか? デュガ 大きなストーリーがありますので、プレイテスターは30時間ぐらいかかっていますね. そのために注力しているので、時間の関係でほかのコンテンツは入れていません. それに、本作のいいところがひとつありまして、本作は本当に多様な選択が可能なので、もう一度遊んだら見たことがないものを見ることができると思いますよ.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>